title

平成30年度第2回コミュニティ工学ワークショップを開催します

 

平成30年度第2回(通算第13回)コミュニティ工学ワークショップを下記のとおり開催いたします。大変御多忙の折とは存じますが、是非御参加いただきたく、御案内申し上げます。

概要

日時: 2018年11月21日(水)18:30-20:00
場 所: 名古屋工業大学 NITech Hall 2階ラーニングコモンズ
主 催: 名古屋工業大学コミュニティ創成教育研究センター
テーマ: 家族の形 × 30年後の社会
講 師: 久保田裕之 氏(日本大学文理学部社会学科教授/家族社会学)
参加者: 関心ある学内の教職員や学生、学外の皆様

30年後の地域社会を思い描き、コミュニティと工学のあり方を探るワークショップ。今回のテーマは「家族の形」です。
住宅や車を設計する上で、それを使う「世帯(家族)」を想定する必要があります。多数派と考えられてきた「夫婦と子ども」は、既に全世帯の2割台に落ち込み、「単身」の世帯が3割を超える時代となりました。2040年には「単身」世帯が4割に近づくという推計も出ています。
「単身」世帯が増加することで「血縁でない人達と共に暮らす方法やコミュニティ」がより重要になる可能性があります。
今回は、ルームシェアやシェアハウスを研究されている久保田裕之氏(日本大学文理学部社会学科教授/家族社会学)をお招きし、30年後の家族の形について考えます。

■お申込み方法

参加者氏名、所属、連絡先を記載の上、メールにてお申し込みください(11/20締切)。 community-c@lab-ml.web.nitech.ac.jp

※資料準備の都合上、事前申し込みにご協力ください。
※いただいた個人情報は、コミュニティ創成教育研究センターの情報提供に使わせていただきます。


※画像をクリックするとpdfファイル(チラシ)がダウンロードできます。

新着情報

2018年 10月 24日
第5回愛知学長懇話会サステナビリティ・リレーシンポジウム
2018年 10月 14日
第13回コミュニティ工学ワークショップ(平成30年度第2回)
2018年 10月 01日
都市公園等コンクール国土交通省都市局長賞を受賞しました
2018年 09月 20日
第12回コミュニティ工学ワークショップの記録
2018年 08月 23日
政策決定にAIが活用される30年後の社会
2018年 07月 26日
2018/07/25(水)第12回コミュニティ工学ワークショップを開催しました
2018年 06月 28日
第12回コミュニティ工学ワークショップ(平成30年度第1回)
2018年 03月 22日
2018/3/21(水・祝)「センター5周年記念シンポジウム」を開催しました。
2018年 02月 08日
コミュニティ創成教育研究センター5周年記念シンポジウムのご案内
2017年 11月 30日
2017/11/29(水)「第11回コミュニティ工学ワークショップ」を開催しました。